当然借入をしている側にとってもおまとめローンを利用するメリットがなくてはなりません。先ほど述べたように最大の目的は金利を下げることです。例えば30万円の借入を4社からしている場合、4社とも金利が18%くらいかかっている可能性が高いです。しかし貸金業者の法律で貸付金額が100万円を超える場合には金利は最大で15%と決められているので、上記の4社の借入をどこか別の業者で一本化するならば、その時点から金利は18%から15%へと下がることになります。簡単な説明ではありますが、基本的にはこうした流れでおまとめローンを組んだ際に金利をおさえることが可能になります。

もちろん現在どんな金利でどれだけの借入があるかは人それぞれですので、場合によってはわざわざおまとめローンをしても金利が下がっていないということも有り得ます。さらに現在抱えている借金が比較的金利の低いローンの場合には、消費者金融のおまとめローンを使うことによって逆に金利が高くなる場合も皆無ではありません。そのため、事前に現在の金利状況とおまとめローンを用いた場合の変化を十分吟味して決定する必要があります。間違ってもマイナスの結果にならないように気をつけたいものです。